« 屈辱 | トップページ | すっかりヤクルト »

2007年5月30日

英才教育?

先日行われていた世界卓球をテレビで観ていて感じたこと

福原愛選手

天才だと思います

努力も人一倍していると思います

けれど、楽しく卓球をしているの?って感じました

画面から伝わってくる見慣れた愛ちゃんの表情

もちろん、世界の第一線での真剣勝負ですから、へらへらしていたら変な映像になることは分かりますが・・・勝利した試合でも笑顔があまり見られませんでした^^;

卓球選手の親から生まれ、物心付いた時からラケットで遊び、卓球を始め

幼少の時からマスコミに追い回され

今や日本を代表する選手になり・・・

今まで『卓球をやめたい』って、思ったことはないのでしょうか?

きっとあると思いますが(私の勝手な思い込み)、環境が辞めさせてくれなかったと、勝手に想像します

さて、本題ですが・・・

こういった幼児期からの英才教育ってどう思いますか?

もちろん、否定しているわけではありません!

親が子供の将来を考えて線路を引く、そして金銭面も精神面も技術面も援助を惜しみなく費やして揚げれる苦労・・・想像するだけで凄いことだと思います

今の時代、英才教育を施さないと成功者にはなれないのか?(成功者の定義は人によってまちまちですので・・・誤解のなりように^^;)

息子達も今から英才教育を施すか?もう遅いか^^?

|

« 屈辱 | トップページ | すっかりヤクルト »

コメント

 一芸に秀でる人達(歌舞伎、能、落語、茶道、華道・・・)は、英才教育ですね。
スポーツも一種の技ですから、素振りと同じように「こなした数」がものを言うのだと思います。
 ただ、それをウン十年続けられるかは、周囲の環境なんでしょうね。
 イチローは小3の時に、365日お父さんと素振りしたらしいですが、遊ぶ気無かったのか??
 あの「星 飛雄馬」も、お母さんが存命だったら、一徹のバカ教育もどうなったことやら?

投稿: | 2007年5月30日 15:58

 ↑
(スイマセン、名前書き忘れました!)

投稿: フルコーチ | 2007年5月30日 15:59

うちは小学3年から少しづつですが自宅練習をしてます。
もし孫が産まれたら・・
5歳ぐらいから野球を教え込みたい。そう勝手に思ってます。
ただし嫁の理解が必要でしょうが^^ 多分無理かな。。。。

投稿: ドラ夫 | 2007年5月30日 21:52

英才教育!?
うーーーーん、うちは3歳からほぼ休みなしで野球の練習やってますが。。。。。
これって英才教育なんでしょうかぁ!?
私はあんまり意識したことはなくて、とにかく楽しいからずっと続けております。

投稿: ヨウボン | 2007年5月31日 10:19

代々引継がれた家業を受け継ぐのではなく、いきなり始めるのは相当な覚悟が必要なのでは、と感じます。

たまたやってみたら上手くいき、とんとん拍子に話が進み、気が付いたらプロになっていた、なんてのが良いですね。

楽する事ばかり考えている私には縁のない事です^^

投稿: 背番号29 | 2007年5月31日 13:10

★フルコーチさん、ありがとうございます!
まさに【継続は力なり】ということですね。

自分で判断できない段階で親のエゴでやらせすぎて、気がついたら他の事は考えられなくなっている?
明子姉さんは、それでも野球選手と結婚したんでしたよね^^


★ドラ夫さん、ありがとうございます!
5歳からですか(笑)
お嫁さんは、ソフト経験者を募集しましょう^^学童野球のグランドへ来てくれるご婦人は経験者が多い気がします^^;


★ヨウボンさん、ありがとうございます!
kei君はもう既に英才教育の域ですよ(笑)
kei君のように自然と遊びの中から入っていければ問題ないですね!
そろそろ、サインを予約しておかないといけません^^


★背番号29さん、ありがとうございます!
代々の継承は、子供ながらにプレッシャーが重く大変ですよね!

>楽する事ばかり考えている
私にも関係がなさそうです(汗)

投稿: とうさん | 2007年5月31日 16:32

英才教育かぁ・・・
確かに、イチローも最近話題のゴルフのチャンピオンになった高校生も「毎日」バッセンや打ちっぱなしに通ってたっていいますよね。
あと、お医者さんの子はお医者さんってパターン多いですよね。

我が家には時間や金銭的余裕などそこまで出来る状況ではないので、全く他人事ですが・・・
どんな状況でも、最後は「本人」が望む形であることがベストですよね。
天才も・・・大変だぁ(^^;

投稿: ゆきだるま | 2007年6月 1日 09:24

ゆきだるまさん、ありがとうございます!
英才教育って!裕福な環境だからできるのでしょうか?私はその家庭の【覚悟】だと思います。
いくらお金をかけてもダメな場合も当然ありますし・・・当然、その場合はマスコミではクローズアップされません^^;
おっしゃるとおり、【最後は本人が望む形】ですね^^

投稿: とうさん | 2007年6月 2日 10:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103644/6601668

この記事へのトラックバック一覧です: 英才教育?:

« 屈辱 | トップページ | すっかりヤクルト »