« キャンプから帰宅 | トップページ | ハンドルネームについて・・・ »

2006年8月 7日

エースMS!復帰か?

8月6日(日)は 近隣のMドラゴンズとの練習試合。

午前中は、全体練習。

午後~アウェーのグランドへチャリで移動すること20分。記録的な暑さの中、子供たちの体力、気力は果たして、持つのであろうか。

12:30 選手整列!主審の「この暑い中、大変ですが、くれぐれも事故の無いように、皆さん全力で頑張りましょう」の声掛けから、プレイボール!!

試合は、このところ毎試合登板している TS の先発で始まった。

1回表の守備は、1四球を出すも、セカンド牽制などでピンチを防ぎ、0点に抑える。

1回裏の攻撃では、打者1順の攻撃を見せ、4点先制のいつものパターン。

ところが、2~3回の守備でこの試合の展開が決まる。

なんと、2~3回だけで、9死四球の TS 。3回 2死 2-3塁で(6失点) ショート YN へ交代。

YN なんとか、しのぎ 6-4 で3回を終える。

1回に4得点を稼いだ、打線は2回以降は、淡白な攻撃を繰り返し、ランナーが出るも得点を奪うことができず。(2アウト2-3塁で、セーフティースクイズのような、ちょっと無謀ななサインもありましたが、これはこれからの公式戦で使えるオプションを練習試合で試している、監督の意図)

4回表の守備、5月中旬より肘痛を訴え、1ヶ月ノースロー、1ヶ月リハビリをしていた、エース MS 登場。1ヶ月前より、キャッチボールを少しつづ始め、ファーストなどの守備にはついていたが、およそ2ヶ月ぶりのマウンドへ。

ゆっくりと、投球練習を始めると、落ち着いたモーションでゆったりとボールをリリース。

明らかに、先発の TS よりスピードがのっている。

そして、一人目の打者は、セカンドゴロ。二人目、三振。三人目、サードゴロ。と、いとも簡単にスリーアウトチェンジ。

結局、4回~7回を危なげなく 投げ続け エラーがらみの1失点(1四球)で、堂々と復帰マウンドを終えた。

これまでの2ヶ月間は、練習ではノースローで ひとり 黙々と ランニングなどで下半身強化。平日もⅠコーチの夕練で、ゆ~たんと一緒に基礎体力強化を続けていた。

そんな努力が実っての復帰マウンドでの快投。見ていて嬉しくなりました。

試合は、序盤の失点が響き、7-6のスコアーで負け。

負けるような相手ではなかったのに負けたのは、ちょっとショックだったが、指導陣の【試してみたい】が、ところどころで見られた試合内容に【しょうがないか】と一人納得する、自分がいました。

この日のゆ~たん

8番 セカンド で 出番

守備

・いつもなら、前に出て来れず慌てて 後ろに逸らしてしまう 前の 小フライを 思いっきり突っ込み 何とか 捕球。

・その他、3つのゴロ。2つのフライを無難にこなす。

・ランナー1-3塁のサインプレー、1塁ランナー盗塁。キャッチャーからの送球をピッチャー後ろで捕球~ホームへ突っ込む3塁ランナーをホームで殺すプレーも、捕球してから、ボールを握りなおし、ホーム&2塁ダブルセーフ。

打撃

・1回 2アウト満塁の場面でファーストの頭上を抜く タイムリーエンタイトル2ベース。

(1塁塁審をしていた私には、相手ライト君のボーンヘッドに見えましたが・・・)

・他の打席では、ボールの下っを擦る内野フライが2つ

・やっと、良いあたりもセカンド正面のゴロ1つ。

帰宅後、シャトル打ちを志願してきたあたりは、悔しさが伺えました。

|

« キャンプから帰宅 | トップページ | ハンドルネームについて・・・ »

コメント

試合後に、自ら練習を志願してくる所は流石ですね!!悔しい気持ちを持ち続けれると言うことは、いい事だと思います。

投稿: リナケイパパ | 2006年8月 7日 17:49

リナケイパパさん、ありがとうございます^^

>自ら練習を志願してくる所は流石ですね!!
シャトル打ちの回数は伏せておいて正解でした^^すぐに終了となりました^^:

投稿: とうさん | 2006年8月 8日 16:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103644/2969928

この記事へのトラックバック一覧です: エースMS!復帰か?:

« キャンプから帰宅 | トップページ | ハンドルネームについて・・・ »