« 足組法、足踏法 実践 | トップページ | 金属バットと木製バット »

2006年7月10日

気合のノック!!

日曜日は久しぶりに午前のみの練習予定。(グランド確保です)

翌週に合宿を控えていることもあり、各家庭とも買物?などに出かける予定を子供たちから聞いておりました。

午前8~11:00 本当にあっという間の3時間でした。

練習を終え、子供たちに来週は泊まりで合宿だから、万全の体調で合宿にいけるように告げ、解散。

私は、午後は全く用が無く、なんとなくカミさんの買物に連れて行かされそうな雰囲気・・・

そこへ、今日の練習を仕事で欠席の監督から電話が・・・

監督「私、今日は午後~練習見れますので、新人戦に向けて、5年生だけ、集めてください」「私一人でも見れますから・・・5年生も強制参加ではありませんから・・・」

カミさんから買物に連衡される、予定があったので午後は丁重にお断りし、

午後、14時を迎えた自宅で

カミさん「買物は一人で言ってくるから^^」

(おいおい、だったら先に言えよ~~。もう、シャワーも浴びちゃったし・・・)

それでも、一人で家でゴロゴロしていても仕方が無い。よっしゃ~~!!行くか~~^^

再び、ユニホームに袖を通し、5年生が練習をやっているであろう公園へ。

参加人数 10名 (5年は全員で12名)

普段あまりやらない、基本中の基本を監督自ら、徹底指導中(ゴロ捕り)!!

ピリピリとした雰囲気は無いが、集中している^^

途中の休憩では「おいっ!これでアイス買ってこい」と奢り??子供たちとわいわいガヤガヤ良い雰囲気。

アイスを食べ終わり・・・

監督「じゃ~!たまには集中ノックやるか」

一人目はボールケース1箱(約50個)で終了。

二人目、ゆ~たん。監督もちょっと熱くなってきたのか?1箱終了も後25球くらい追加で終了。 (1箱半)

三人目、主力で運動神経優秀なYN。動き素早くノックをこなすも、覇気がなく、監督はさらにヒートアップ。終わってみれば2箱(100球)終了!!

四人目を迎えたところで

監督「じゃぁ!仕事で帰りますので、後 宜しくお願いします^^」

午後は、強制参加ではなく、あくまで自主参加の子供たちを贔屓するわけにもいかず・・・

残り、6人  合計600球  ノックしまくりました^^

「集中ノックは、ノッカーと喧嘩だと思ってかかって来いっ!!」

「しっかり、足で追いなさい。無闇に飛び込んでも、足が動いてなくちゃ!ダメダメ」

などなど、自分が少し  入っているのに気がつきました^^

全員のノックが終了後、疲れた顔の子供たちに少しだけ・・・満足そうな表情が見ることが出来ました^^

|

« 足組法、足踏法 実践 | トップページ | 金属バットと木製バット »

コメント

お疲れさまでした。
ノッカーとの喧嘩、子供たちには勝てましたか?
ノックの数を数えたことがない私です・・・
それしても・・・『S』なんですか?^^

投稿: さとる | 2006年7月10日 18:58

いいですね。
『やらされる』のではなくやる気のある子が集まった練習。
子供たちもきつい練習をかえってよろこんでたんじゃないですか。
監督も仕事の合間をやりくりされたようですね。頭がさがります。

投稿: Skyboys広報 | 2006年7月11日 07:50

興奮しますねぇ~!!
喧嘩ノック!!
やる気溢れる子達との練習!!
どんどん、向かって来いって感じですね。

投稿: リナケイパパ | 2006年7月11日 09:15

さとるさん、ありがとうございます^^

子供たちには当然!!勝ったつもりでいます^^
Sの件・・・集中ノックで左右に振る時、少なからずもそんな自分がいたんです^^

投稿: とうさん | 2006年7月11日 10:54

Skyboys広報さん、ありがとうございます^^
厳しい練習でも、やり終わった後の爽快感を子供たちは感じてくれたんじゃないかなぁ?と思います^^
【やり遂げる】この気持ちが大切ですね^^

投稿: とうさん | 2006年7月11日 10:56

リナケイパパさん、ありがとうございます^^
興奮してました!!喧嘩ノック!!

大人が相手でも、向かってくる姿勢が気持ちが良いです^^これからもたまに仕掛けていきたいと思います^^

投稿: とうさん | 2006年7月11日 10:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103644/2594106

この記事へのトラックバック一覧です: 気合のノック!!:

« 足組法、足踏法 実践 | トップページ | 金属バットと木製バット »